押印する時の注意点とコツ

ハンコを押印する時には、いくつかの注意点があります。
スタンプのようにポンと押印するのではなく、ハンコの場合はいくつかコツがあるそうです。
まずは、捺印するハンコをチェックしてみましょう。
前回ハンコを使用した時の朱肉が残っているようであれば、ティッシュなどの柔らかい素材のもので優しく朱肉を拭きとってあげましょう。
こうすることで、残っていた朱肉がハンコの彫刻を埋めてしまうことを防ぎ、鮮明な印影を残すために役立ちます。
朱肉をつける時には、少なすぎても、多すぎても良くないと言われています。
現在の朱肉は油分を含んでいるものがほとんどなので、朱肉をつけすぎるとキレイで鮮明な印影が得られないことがあるそうです。
押印する際のコツは、特に実印の場合には、上記のようにハンコのケアを行った後に、ゴム製の捺印マットを敷き捺印することがおすすめです。

くっきり印鑑を押すために

捺印マットが無い時には、用紙を10枚前後下に敷くと良いそうです。
押印する時の力加減については、適度な力加減で、重心を「の」の字を書くように押印することが良いと言われています。
押印した後は、そっと用紙から離すところが重要で、この時点でさっと離してしまったりすると、枠が上手に押印できなかったりすることがあるそうです。
落款印などを押印する場合、用紙が和紙などの目が粗いケースが良くあると思います。
その時には、「の」の字を書くように押印したあとに、通常の契約書などの場合よりももっとゆっくりと落款印を離すようにすると良いそうです。
どのハンコを押印しても、基本的に押印し終わったら、ティッシュなどで印面に残っている朱肉をキレイに拭きとるようにします。
印面を時計回り、反時計回りにティッシュなどに軽く押しつけるようにすると良いそうです。
こうすることで、印面に朱肉が詰まるようなことを避けて、印材を長持ちさせる事に繋がるそうです。
ちょっとしたケアが、印影を美しく保ってくれると言われています。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »