紛失や盗難に合った場合の対処法について

人間は忘れる生き物だと言われています。
時として、ハンコや通帳、印鑑登録証などをどこにしまったか忘れてしまったり、無くしてしまったりすることがあると思います。
万一ハンコを紛失してしまったら、どうしたら良いのでしょうか。
個人の実印や、会社の実印を無くしてしまった場合、もしくは盗難に合った場合には、直ちにそれぞれの実印を印鑑登録している市区町村の市役所や役場や、法務局へその旨を届け出る必要があります。
単純に届け出るだけではなく、印鑑登録の廃止の手続きを行うことになり、どうしても見つからない場合は、新たに印鑑登録申請を行うことになります。
実印だけでなく、銀行印を紛失したり、盗難に合った場合でも同様で、すぐに銀行へ届け出を提出する必要があります。
そして、銀行印自体を改印届を提出し、新たなものに登録しなおし、口座にある預貯金などが勝手に取引されないように手配する必要があります。
悪用されてからでは遅いので、迅速な対応が求められる部分でしょう。

実印を紛失した際は迅速な対応を

特に会社の銀行印の場合は、取引先や関係各所にも、改印したということを連絡する必要があります。
会社名義で勝手に注文書や領収書などが偽造される心配があるからです。
悪用されることも想定し、警察に紛失届を提出することも必要になることがあるそうです。
個人の実印の証明である、印鑑登録証を無くしてしまった場合には、実印の紛失と同様の手続きを行う必要があります。
無くしてしまった場合でも、盗難に合った場合でも、出来る限り早期に各市区町村へ届け出を提出し、印鑑登録廃止の手続きを行います。
印鑑登録証は、基本的に再発行が出来ないことになっているため、新たに印鑑登録申請を行い、新しい印鑑登録証の交付を受ける必要があります。
すぐに各市区町村の市役所や役場へ行く事が出来ない場合には、悪用されることを防ぐために、戸籍住民科へ電話を入れることもできます。
一時的に印鑑証明の発行を停止することができるそうです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »