ハンコと実印の歴史について

日本では最古のハンコとして国宝に指定されている漢委奴国王があります。
いつ頃から使われるようになったのかは、明確な資料がないために、不明な部分が多いものですが、古来より、実印の代わりとして使われてきたような印象を受けるものです。
国王のハンコですから、実印と同じ効果があったというイメージは簡単にすることができるでしょう。
ハンコの精度が始まったのは、中国だと言われています。
主に中国の役所で使われていたとされ、その制度が日本で整備され始めたのは奈良時代の律令制が整ってからだと言われているそうです。
ですが、まだその当時は個人がハンコを持つようなことはなく、律令に定めるところの公のハンコのみで、個人のハンコの製造や、使用は禁止されていたというエピソードがあるそうです。
古来の日本では平安時代に入ってからようやく貴族のハンコの使用が認められるようになったそうです。
それを裏付けるものとして、藤原氏の私印が数多く現存されているそうです。
武家の時代に入ってからは、役所でハンコが使われない時代があり、その代わりに武将の花押が広く使用されるようになったそうです。

奈良時代のさまざまな印鑑

花押は、公家や領主、武将などが使用していたとされており、一般の庶民は、花押の代わりに、はなお拇印、爪印などを使用していたと言われています。
戦国時代に入ると、その花押と併用して私印が多く使用されるようになったそうです。
花押に比べてその時代の私印は、現代の角印のようなイメージを彷彿とさせるものがあったり、丸型でも龍の彫刻が施されていたりと、現在のハンコのルーツとなったような印象を受けます。
それぞれの戦国武将も、完全オリジナルのハンコを使用することが多かったようで、似たようなデザインなどはほぼないそうです。
現在のハンコの制度は明治に入ってから一般庶民にも広く浸透したと言われています。
このころから実印の使用が定められるようになり、正式に認められるようになったそうです。

関連する記事