内臓インクで実印は作れる?

手掘り印鑑紹介実印を作成する際に、押印などが苦手だから内蔵インク式のものを使用したい。
そのように考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。
今では認印などの一部ではこうしたものも販売されています。
インクさえ取り替えれば良いというものですので、朱肉がいらずきれいに押せる・手軽であるという点から人気も高いようです。
では、このようなものを実印に取り入れることはできるのでしょうか。
答えからいうと、こうしたものの作成を行っている店舗は無いといって過言では無いでしょう。
また、登録作業を行うにしても不可能と言われることとなってしまうのです。

実印に使えない印鑑もあります

気軽に買える印鑑自販機その理由は、内臓インクの場合ですと「印鑑」ではなく「浸透印」と呼ばれるものに属されるのがその理由です。
また、印面がゴム製であることも多いですので実印としての効力はありません。

「印鑑である」という事が実印には求められますから、作成は残念ながら出来ないという事を覚えておきましょう。
しっかりとした朱肉を使うことですとか、今では印鑑を押しやすくする下敷きのようなものも販売されていますから、そうしたものを使用することで綺麗に押すこともできるかと思いますよ。

浸透印と印鑑の違いは、実印ばかりではなくその他の印鑑の作成の時にも良い知識として役立つことと思います。
印鑑登録や印鑑証明書を発行することは、非常に重要なアクションになります

こういった場合、委任状制度を使い、本人だけではなく、第三者にそれらを依頼することが可能です。

委任状を使った代理人制度に関しては、このような印鑑証明の発行の他にも、金銭貸借などの際にも用いることが出来ます。
代理人制度を使う場合、気をつけて欲しいことは、本人が絶対に確認作業を行うということです。
そして代理人が有している権限をしっかりと制限をしておくということです。

印鑑証明を作ってもらおう

手掘り印鑑の最終確認
実印を作っておくと、印鑑証明書を発行することが出来ます。
印鑑証明というものがどういった時に必要になってくるのかというと、不動産などの売買や自動車の売買といったような高額な商品を購入する際に必要とされる公正証書の作成の際に必要になってくるとされているのです。

なかなか資産となるような高額な商品を購入する機会というのは、なかなかに訪れることがないわけです。
その時になって初めて印鑑証明書が必要なので用意してくださいと言われ、初めてそこで印鑑証明書というものの必要性を認識することになるのです。

実印と印鑑証明というものが必要とされているのは、住民登録がされている地方公共団体によって、これが本人が登録をしている印鑑であるということが認められているからということになるのです。
つまり公共機関という第三者によって本人の印鑑であるということが証明されているということになります。
実印に関しては、三文判やシャチハタでもいいというわけではありません。
役所に申請をしても、認められないことが多いからです。

こういったものを実印として認めてしまうと、同じデザインの実印が氾濫してしまうことになり、特異性を持たなくなってしまいますから、当然といえば当然になりますね。
オリジナルの印鑑を注文出来るサービスは、インターネットなどでも簡単に行えるような時代になっていますから、いざという時のために印鑑登録を行なっておきましょう。

実印の選び方について

実印選び
実印も大人になれば、必要となる場面がやってきます。マンションなどの買い物をしたときや会社創立時などがあります。そんなときに実印の重要性を感じるでしょう。これから、買おうかと考えている人はその選び方についても知っておきましょう。

選ぶときにまずお店かインターネットか

実印も使う場面では、重要となるところとなるはずです。ぜひ、その場にもあった実印を選びたいものです。
とはいえ、実印もたくさんの種類があるなどして、選びのにも迷うでしょう。そこでまず、選ぶときのお店です。

今では、はんこ店にいくのとインターネットでのお店があります。はんこ屋に行く場合、そこでいろいろなはんこの話もできたりして、情報収集にも役立ちます。さらに細かい相談もできるので、こだわりのある人にはお店に直に行くほうがいいでしょう。
ただし、値段やさらに時間の面でかかるので急ぎという場合には不向きと言えるでしょう。

一方、インターネットの場合、うまくいけば注文して翌日には、実印ができて発送なんてこともあります。値段も手頃にすませられるので、お得と言えます。もちろん、注文時に印影を確認できるので安心して選べます。
ただし、書体や形などで決まりきった形となるので、時には満足いかない、法人印には向かないのではという意見もあります。

実印を用意するのに、時間や予算がかけられるのかで、お店かインターネットかを選ぶといいでしょう。

素材が豊富でどれを選ぶべきか

やはり実印は買ってから、長年使うものとなります。そのため、丈夫なものを選んだ方がいいのです。昔からの定番では象牙がいいとされています。
しかし、ここ最近で長年持たせるのにはということでチタンも注目されています。
チタンは、耐火性も高くそのうえ、変形もしにくいメリットがあります。また、手入れについても水洗いができるメリットがあります。

あと、男性と女性では選ぶときに、大きさの違いがあります。男性の場合には15mm、16.5mm、18mmとなり、女性だと13.5mmか15mmが一般的です。実印は8mm以上からとなっており、小さすぎたり大きすぎたりするのは見映えが悪かったり、印象が悪くなります。

また一般的に男性が捺印する機会も多く、しっかりとしたものということからこのサイズが適切とされています。
あと、女性は控えめにという風潮や体系的に男性よりも小さい方が捺印しやすいということで、このサイズが適切とされています。

実印のことを知ってから

実印を選ぶときには素材はもちろん、サイズなど実印の知識も深めておくと、より自分に合ったものを選べるようになるでしょう。

更新情報